Welcome to PEARLiZUMi SUMITA RAVANELLO's WEBSITE

    Team Sponsors

    (株)住田光学ガラス

    (株)永大

    (株)パールイズミ

    イーストン

    SIDI

    BBB

    サーファス

    ミシュラン

    ポラール

    アスタビータ

    ジャコラ

    ヴィプロス

    (株)深谷産業

    オオナミ

    スポーツアロマ

    wgh

    Musashi

    エイカー

    S.F.A.S.


チーム紹介

クラブチーム「ラバネロ」は、プロショップ・タカムラ製作所を母体とし、店主の高村精一が監督を務める自転車クラブチームです。チーム名のラバネロ(Ravanello)は、イタリア語で「はつか大根」という意味。東京の練馬区を拠点とするチームなので、練馬の名物「練馬大根」にちなみ、「ラバネロ」とつけました。ラバネロの中でも本格的なレースに参戦する選手たちはレーシングチーム「スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ」として活動しています。チーム名にあるスミタは光学ガラスのトップメーカーであり、メインスポンサーの「株式会社住田光学ガラス」、またエイダイは、住宅や不動産を手がける「株式会社 永大」、そしてパールイズミは自転車ウェアの総合メーカー「株式会社 パールイズミ」です。

当チームはアマチュアチームながら、ソウル、シドニー、アテネ、北京オリンピックに出場、シドニーパラリンピックでは世界記録で金メダルを獲得しました。そして国内でも、全日本選手権や全日本実業団など様々なレースでタイトルを獲得してきました。このようにラバネロはチーム発足以来、国内外で活躍する選手や多くのプロ選手を輩出してきました。

チームの生い立ち

昭和49年9月、タカムラサイクル(当時)内に発足した「高村サイクルチーム」が、チームラバネロの前身に当たります。そもそもはサイクリング のチームだったラバネロですが、店主の高村精一が学生時代にトラック選手だった事から、トラック競技を始める若いクラブ員が少しずつ出てきました。その中から、全日本選手権に勝つような選手も出てきました。当時はまだ国内のロードレースが少なかったこともあり、トラック競技を中心にレース活動を行っていました。

本格的にロードレースに参戦するようになったのは1990年以降です。それまで単発的に出場していたラバネロですが、やはり機材や移動宿泊費などの費用を全額自己負担し、年間を通してロードレースに参戦することに限界を感じ、更なるレベルアップの為にもレース活動を援助してくれるスポンサーを探すこととなりました。

こうして、1991年より、チームのトップ選手は「アートネイチャーラバネロ」として、本格的にロードレースへの参戦を開始しました。これが現在のチームの原形となり「アコムラバネロ」を経て、現在の「スミタ・エイダイ・パールイズミ・ラバネロ」となります。チーム名になっている企業だけでなく、機材や食品、選手のケアなど様々な形で、多くの方々にチームの活動を援助していただき、活動しています。

チームの特徴

ラバネロは発足当時よりクラブチームとして活動してきました。多くの方々によって支えられ、今年(2016年現在)で発足から42年となります。国内の自転車競技シーンおいて、もっとも長くトップクラスの力を維持しているクラブチームではないでしょうか。また、ラバネロが他のチームと大きく違う特徴の一つが、監督自ら作ったフレームを選手たちが使用している事です。近年の自転車界は、カーボンフレームが主流の中、ラバネロの選手たちのほとんどがクロモリ(鉄)のフレームを使用し、活躍をみせています。

また選手の育成において、総合的な強さを身につける事を目的に、ロード選手コース、トラック選手コースと区別せず、ロードとトラックの両方を同じくらいの比重で練習します。それにより、スタミナ、スプリント力などの体力面だけでなく、それぞれのレースを経験する事でレースセンスや技術なども磨かれます。

現在ラバネロでは、若手選手の育成に特に力を入れています。世界選手権大会、2020年の東京オリンピックへの出場などを目標としています。また、日本の自転車界発展のためにも世界に通用する選手育成を進めていきます。

2015年度の活動報告

2015年7月に行われたロードレースの国際大会、ジュニアのネイションズカップに小野康太郎選手が日本代表として出場し、成績は27位ながら積極的な走りが評価されてベストルーキー賞を受賞しました。また9月に行われたジュニアロードレース世界選手権にも日本代表に選出され、出場を果たしました。国内では実業団などのロードレースを中心に参戦し、常に上位の成績を納めました。今年の4月からは更なるレベルアップを目指し、スイスのSpeeder Cycling Teamへ自転車留学する事が決まりました。

そして岡本二菜選手はJOCジュニアオリンピック・トラック大会で個人総合優勝を果たし、最優秀選手に選ばれました。また国内のロードレース、トラックレースに積極的に出場し、常に上位の成績を収める事が出来ました。

2013年のロードレース学生チャンピオンである辻本尚希がラバネロに復帰し、早速8月に行われたジャパンカップのオープンレースで3位に入賞いたしました。また実業団のロードレース、トラックレース共に出場し、上位の成績を納めました。今年は実業団で1番上のプロカテゴリーで走っています。そして10月に行われる国民体育大会に東京代表として出場する事を目指します。

さらに若手だけでなくベテラン選手の活躍も目立ちました。2000年のシドニーパラリンピックに視覚障害者タンデムでパイロットとして出場し、金メダルを獲得した水沢耕一(46歳)が昨年、長期休養から復帰し、マスターズのトラックレースでスプリント種目の国内チャンピオンを獲得しました。今年は世界のマスターズチャンピオンを狙います。


▲pagetop