RAVANELLO FOR GENTLE CYCLIST
ラバネロについて
  RAVANELLO(ラバネロ)は東京都練馬区の自転車プロショップ、タカムラ製作所のオリジナル
自転車フレームです。ラバネロとはイタリア語で「大根」の意味。練馬生まれの「練馬大根」自転車です。
  百分の一秒を争うレースでも、楽しいサイクリングでも、まず自分に合った自転車が必要不可欠。
ラバネロは、一本一本、お客様に合わせて製作されるフルオーダー自転車フレームです。また、
「走りのラバネロ」のキャッチフレーズの通り、走りのフィーリングには徹底的にこだわっています。
踏み出しの軽さ、コーナーリング性能など、常に実際の走りの経験に基づいたフレーム作りを行っています。
きっとあなたの自転車に対する価値観が一変することでしょう。
溶接中 Mr.Takamura
ラバネロフレームビルダー
高村 精一

1943年3月1日 東京都生まれ
  中学生の頃サイクリングの魅力にとりつかれ、独協高校入学と同時に競技活動を開始。高校2年、3年の時に関東大会で2連勝し注目を浴びる。1961年日本大学入学。学生界きってのスプリンターとして知られる。

■現役時代の主な成績
全日本学生選手権 スプリント 優勝 1回
2位 2回
関東学生選手権 スプリント 優勝 2回
東西学生選手権 スプリント 優勝 1回
国民体育大会  東京都代表    7回
400m速度競争 優勝 1回
2位 4回

  1964年には東京オリンピック強化選手に指定されるが不慮の事故により出場は不可能に。日本で行われたアジア大会には日本代表として出場。

  大学卒業後は、家業の精密機械加工業で金属加工技術を研鑽。1974年にタカムラサイクル開業。1977年より、自らのサイクリングと選手としての経験を生かし、ラバネロブランドで自転車フレーム製作を開始する。フレーム作りは全くの独学であったが、研究に研究を重ねて、独自のフレーム寸法理論を確立する。

  1980年には、モスクワオリンピックの日本代表選手選考会で優勝者がラバネロを駆り、注目を浴びる。1994年には日本オリンピック委員会強化スタッフスポーツコーチに任命される。2000年、シドニーパラリンピックでコーチとして参加し、視覚障害タンデムで金メダル獲得に貢献する。

  主宰するチームラバネロは国内でも有数のクラブチームと言われと言われ、ツール・ド・北海道で個人総合優勝を3回達成する。チームでは監督、コーチ、メカニシャン、マッサージャーまでこなす。近年はU17、Jr、U23などの若手選手育成に重きを置いている。また、健康の為のサイクリングを実施している。

Back to Top Page